花沢歯科医院

ブログ

BLOG

インプラント治療について(5)

院長の花沢です。 「歯を抜いてそのままにしてる」 「歯が抜け落ちたが特に不自由ない」 歯がない部分があると実は気づきにくい問題が起こってくることがあります。 長い目で見た問題点が3つ挙げられます。 ①残っている歯へ、なくなった歯の負担が加わり悪くなる。 ②隣の歯が倒れてきて、うまく噛めなくなる。隙間が狭くなり磨きづらく 食べ物がはさまりやすくなる。 ③その歯と噛んでいた上、または下の歯がとび出てき...

続きを読む

インプラント治療について(4)

院長の花沢です。 ブリッジは順調ですか? ブリッジは歯がない部分に隣の歯を利用してかぶせものをして埋める治療方法です。 ものを噛んで食べるときに、入れ歯と比較し違和感が少ないのが良い点です、 またうまくいくと見た目も良くなります。 しかし 歯がない部分に食べ物が詰まりやすい、ばい菌がたまりやすいのが欠点です。 「ニオイが気になる」 「歯ぐきが腫れる」 「出血がある」 「隣の歯が虫歯に」 などの問題...

続きを読む

インプラント治療について(3)

院長の花沢です。 前回に続き、インプラントと入れ歯に関するお話です。 入れ歯に関してよくご相談いただくもの。 ①外れる ②痛い ③お肉など食べれないものがある ④しばらくすると合わなくなってくるので修理や作り直しが必要 などがあります。 そのようなことが起きる原因として 入れ歯は歯ぐきと(歯が残っていれば)歯のふたつのもので支えられますが、 歯ぐきはぐにゃぐにゃと柔らかく形がどんどんと変わっていく...

続きを読む

インプラント治療について(2)

院長の花沢です。 現在入れ歯を使われている方で 「銀色のバネが見えて、見た目が気になる」 「見た目が不自然な気がする」 そういった悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 人工の歯根(インプラント)を用いることで、歯がない部分に天然の歯と 同じような見た目の歯を金属のバネを用いずに作ることができます。 失った本数分のインプラントを用いる方法や、少ない本数のインプラントで 複数の歯を支え...

続きを読む

インプラント治療について (1)

院長の花沢です。 インプラントについてです。 この治療方法についてご存知の方もだいぶ増えてきたかと思います。 みなさまはインプラントについてどのようなイメージを持ってらっしゃいますか? 手術が怖い… よく噛めそう。 高そう。 できたての新しい技術かな? 色々あるかと思います。 インプラントについてはたくさんありますので、数回に分けてブログに書きたいと思います。   まず最初の...

続きを読む

一周年

院長の花沢です。 先日 七月三日に花沢歯科医院は一周年を迎えました。 御来院いただいている方々や地域の方々、関係者各位のおかげと 大変感謝しております。   一周年を迎えるにあたり院内にて花沢歯科医院のビジョンについて スタッフ全員と話をする場を設けました。 開業当初に掲げたテーマである 「歯科を通して地域の人々の健康と幸せに貢献する」 をより突き詰めていく所存でございます。  ...

続きを読む

根の治療には顕微鏡/マイクロスコープ 20

院長の花沢です。   根っこの中のお掃除ってどうやるの? 掃除するなら徹底的にお願いします。   根っこのお掃除は まずよく見える上部の方は汚れている箇所を、 虫歯治療に使うようなドリルで綺麗にします。 その先の内部は、暗くて・細く・見辛いので 慎重に進める必要があります。 ヤスリのようなザラザラした表面の、細い針金で 汚れた根っこの内部の表面をお掃除して行きます。  ...

続きを読む

根の治療には顕微鏡/マイクロスコープ 19

院長の花沢です。   根の治療に続く土台もしくは柱づくり これには何種類か方法があります。 大きくは素材で分けられます。   メタルの土台とプラスチックの土台。 そしてセラミックファイバー。   以前はメタルのものを設置することが多かったようです。 最近はプラスチックタイプそしてセラミックファイバーを用いたものが主流になっています。   メタルは頑丈ですが、...

続きを読む

1 2 3 4