花沢歯科医院

一般歯科・小児歯科

GENERAL DENTISTRY・PEDIATRIC DENTISTRY

一般歯科GENERAL DENTISTRY

虫歯GENERAL DENTISTRY

虫歯の原因

虫歯

歯の汚れである、歯垢(プラーク)には大量の細菌が含まれます。これらは糖分やタンパク質を分解します。それによって排出される酸が、歯のエナメル質などの成分を溶かして虫歯を作ります。

虫歯は、以下の3つの要素が原因であると言われています。
1.歯質・唾液
歯質や唾液の質は一人一人異なり、虫歯になりやすいかどうかを左右します。歯質を強化するためには、歯の再石灰化を促進するフッ化物を利用したり、だ液の分泌を促進するためによく噛んだりすることが効果的です。
2.細菌
お口の中の細菌の数が増えると虫歯になりやすくなります。細菌の塊であるプラークは歯ブラシで除去可能です。その人にあった正しいブラッシングの仕方を学ぶことで、お口の中の細菌の数を減らすことができます。
また歯の表面には、バイオフィルムという粘性の膜が付着してプラークを形成しやすくなります。このバイオフィルム除去をするためには、定期的に歯科でプロフェッショナルクリーニングを受ける必要があります。
3.糖分
糖分がお口の中にある時間が長いほど、口の中が酸性状態の時間が長くなり、虫歯になりやすい状態になります。だらだらつまみ食いをしない、間食をしたら口の中をゆすいだり歯を磨く。砂糖が入った飲み物で水分補給をしない。などの習慣を作ることが大事です。

むし歯はこうして進行します

初期のむし歯
C1初期の虫歯

歯の表面はエナメル質で覆われています。虫歯はまずエナメル質に発生します。エナメル質が虫歯になると、光沢がなくなり白っぽくザラザラした感じになります。虫歯は上の歯と下の歯の噛み合せの部分や、歯と歯の間などに発生しやすく、この段階ではまだほとんど痛みはありません。

歯の内部まで進行したむし歯
C2歯の内部まで進行した虫歯

エナメル質の内側には象牙質がありますが、虫歯が象牙質まで進むと虫歯の部分が黒く見えたり、穴が空いてしまったり、冷たいものや熱いものを食べた時に歯が痛むことがあります。

神経まで進行したむし歯
C3神経まで進行した虫歯

象牙質の内側には、神経や血管が密集した歯髄があります。虫歯がさらに進行して歯の神経まで虫歯菌に感染してしまうと歯髄炎となり、歯がひどく痛みだします。こうなると、虫歯になった部分の歯を削るだけでなく、歯髄まで取らなくてはなりません。この段階まで進むと治療が終わるまで時間がかかるうえ、歯質が大量に失われることによって歯がもろくなってしまいます。

歯の根(歯質)が失われた歯
C4歯の上部がほとんどなくなった大きな虫歯

虫歯によって歯の上の部分がほとんど溶けてしまい、歯の根に当たる歯根まで虫歯が進行した状態を残根といいます。残ってる歯の量が少なく、大部分が歯茎にもぐっている状態です。そのため被せ物もできなくなってしまいます。ここまで進むと歯を抜かざるをえなくなる場合が多くなります。

小児歯科PEDIATRIC DENTISTRY

小児歯科

乳歯の虫歯も治療が必要です

乳歯だからといって虫歯になっても問題ないと考えることは、大変危険なことです。乳歯には丈夫な永久歯が生えるための準備をする役割や、永久歯を正しい位置に導くといった役割があります。その他にも、あごの骨の成長や知能の発達、正常な咬み合わせにも影響を及ぼしています。

生えたての歯はとてもデリケートです

生えたての永久歯は、乳歯と永久歯が混在することで歯並びがでこぼこしてしまう傾向にあり、また表面が粗く汚れが付きやすかったり、抵抗力が低い状態です。つまり、虫歯になりやすいデリケートな時期ということです。

また、永久歯がなかなか生えてこなかったり、乳歯が抜けないなど、この時期のトラブルはつきものです。お子さまの歯に異常を感じたら、お早めにご相談ください。

虫歯になりにくい口へPEDIATRIC DENTISTRY

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は無菌状態で、虫歯菌はいないと言われています。では、なぜ虫歯になるのでしょうか?
虫歯は感染症です。つまり、お口のスキンシップなどを通して周囲の大人の方からお子さまのお口に虫歯菌がうつり、虫歯に感染してしまうのです。
虫歯菌に感染しやすい時期は、生後~3歳になるまでの間です。

この間に、お子さまと同じ箸やスプーンを共有しない、咬み与えをしない等、お口のスキンシップを控えることで、成長した時の虫歯の本数を少なくすることができます。

虫歯の予防PEDIATRIC DENTISTRY

歯磨き指導
1.歯磨き指導

お子さまが歯磨きを好きになるように丁寧に指導いたします。
歯磨き、ブラッシング指導では、虫歯を防ぐために効果的なブラッシング法を楽しみながら、歯科衛生士が丁寧に指導していきます。

フッ素塗布
2.フッ素塗布

生えてきたばかりの乳歯は歯質がまだ脆弱なため、虫歯になりやすい状態です。歯の表面にフッ素を塗布することにより、唾液中に含まれるミネラルを取り込み歯質の強化を促進します。

シーラント
3.シーラント

虫歯になりやすい奥歯の溝の部分に樹脂を流し込み、虫歯の予防をする処置です。歯を削らずに行えるため、痛み無く治療できるのが特徴です。