花沢歯科医院

ブログ

BLOG

院内CR勉強会⑤2018


院長の花沢です。

前回は、白い詰め物CR(コンポジットレジン)
が水に弱く、詰める箇所がしっかり乾燥した状態でないと、
とれてしまったり、
中途半端な接着で中が虫歯になってしまい、
気づいた時には相当な大きさに、
という危険性をお話いたしました。
色々と気を遣って詰め物をしていかないと、
のちのちトラブルのでる治療です。
お口の中は水分でいっぱい、
さらにものすごい力が日々加わります。
ご飯を食べたり、歯ぎしりしたり。
時には自らの体重を超える力が、
歯に加わることもあるようです。

水気と力、人工物を良い状態で長持ちさせるには
とても環境がよろしくないのが、お口の中です。

悪条件の中、できる限り詰め物を長持ちさせるために、
水以外に気をつける事柄が何点かあります。
まずは、接着剤。
世の中には、歯科材料のメーカーが多数あって
CRの接着剤も各メーカーから色々なものが販売されています。
現在はCRに関する技術・知識が長年にわたって蓄積され、
レベルがかなり高くなっているので、
それなりに名の知れたメーカーのものであれば、問題はあまりないと思います。
しかし、接着剤の材料ごとに使用方法がことなります。
その点をしっかり理解し、正しく使わないと、
持っている接着能力を発揮することができません。

塗る時間
待つ時間
風を当て続ける時間
光をあてる、当てない
その時間

正しく理解せずになんとなく、メーカーにかかわらず
同じように使ったり
急いでいるからといって、時間を短くしたり。
そのようなことを行っていては、強固な接着は望めません。
見えないところですが、意識することと、手を抜かないことが重要です。

長期を見据えたこだわりの丁寧な治療を


湘南エリアの予防・メンテナンスは花沢歯科医院
顕微鏡・マイクロスコープによる徹底的に歯を残す治療を
コンピューターガイドシステムによる安全で正確なインプラント治療なら花沢歯科医院
矯正専門の副院長と
虫歯治療、歯周病治療、顕微鏡治療からインプラント・入れ歯まで
口腔全体を見据えた診療を専門とする院長の連携診療。
担当衛生士と歯科医師が協力して、予防歯科・歯周病治療を進めて行きます。
細菌検査・唾液検査・各種検査を元に現状をしっかり把握し適切な治療計画を立案
丁寧にカウンセリングいたします。

“おもいきり笑って 食べて たくさんしゃべって
があふれる藤沢へ 湘南エリア 日本へ”

ご予約は0466-53-8013
木・日定休日
平日 :9時から19時まで診療(最終受付18:30)
土曜日:9時から17時まで診療(最終受付16:30)
藤沢市藤沢567-2中嶋ビル3階 花沢歯科医院 ”カフェベローチェのある建物3階”