花沢歯科医院

ブログ

BLOG

根の治療には顕微鏡/マイクロスコープ 16

院長の花沢です。 根っこの治療の最終的な詰め物とは? 根の治療の最後に詰めるお薬ってなんですか?   歯の中の神経を取った後や、汚れた部分を綺麗にした後 歯の中はストローのような(曲がりくねってとても細い)空洞になります。   ストローのままですと根っこの先などから細菌が侵入し中で繁殖して再発を起こします。 空洞を埋めるために一般的にはゴムのような材料をギュウギュウに押し込み。...

続きを読む

根の治療には顕微鏡/マイクロスコープ 15

院長の花沢です。   マイクロスコープって何? 外科などの手術の時に用いる高倍率の顕微鏡です。 明るい光源を持ち、 治療をする部分に合わせて視野や焦点を自由に調整することができます。 当院では20倍に拡大した根の中を強いLED光源で照らして根っこの治療を行うことができます。   目的は できる限り取り残しのないように できる限り削る量を減らすために 歯をできるだけ残すために &...

続きを読む

根の治療には顕微鏡/マイクロスコープ 14

院長の花沢です。 以前から行われている根の治療と      改良された最近の治療はどのように違うのでしょうか? まず、根っこの中は暗くて細くて入り組んでいます。 以前は手探りで治療を行っていました。 そのため取り除かなければいけない感染した歯の一部を取り残したり。 逆に削りすぎて穴が空いたり、割れたり。   そういうことがありました。   現在では、根っこの治療は進化して、 C...

続きを読む

歯周病から歯を守る為に!

こんにちは。歯科衛生士の榎本です。 先日、歯周病の勉強会に参加して参りました。 最近はテレビでも歯周病という言葉をよく耳にするようになりました。 歯周病には
歯の周りの歯肉が腫れて炎症が起こる
歯肉炎。
さらに進行すると歯を支えている歯槽骨(しそうこつ)が少なくなっていく歯周炎があります。
歯槽骨が少なくなると歯を支えることができず歯を失う原因にもな...

続きを読む

根の治療には顕微鏡/マイクロスコープ 13

院長の花沢です。 神経を取ると歯が弱くなるって本当? 神経を取ると歯が折れやすくなるの? よくそのように言われています。 確かに神経を取る治療(根っこの治療)を行った歯は しばらくしてから折れてしまう確率が 神経がある歯に比べると多いというデータがあります。 色々な説がありますが、 神経がないから弱くなるというより、歯が少なくなって薄くなってしまったから弱くなった という可能性が高いようです。 治...

続きを読む

根の治療には顕微鏡/マイクロスコープ 12

院長の花沢です。 ラバーダムを使いたいけど、鼻が詰まっています。 鼻が詰まっているなどで鼻呼吸ができない場合、 ラバーダムの使用が難しいことがあります。   できる限り、治療した歯が再発しないようにするためには 無菌的な環境で根っこの治療を行う必要があります。 そのため、可能な限りラバーダムを使用して治療を行いたいと思っています。   お鼻が詰まっている場合、時期をずらして、調...

続きを読む

根の治療には顕微鏡/マイクロスコープ 11

院長の花沢です。   ラテックスアレルギーなんですけどラバーダム使っても大丈夫ですか?   当院で用いるラバーダムそしてグローブもノンラテックスのものを使用しています。 またアレルギーの原因とされるパウダーも使っていません。 アレルギー反応ができる限り起こらないように配慮しております。   しかしノンラテックスのゴムにも反応してしまう方もいらっしゃるようです。 歯科で...

続きを読む

根の治療には顕微鏡/マイクロスコープ 10

院長の花沢です。   ラバーダムを使う歯科は2割?   2014年の参考データになりますが、 ラバーダムをして根っこの治療を行う根っこの治療の専門医は約70%。 一般歯科医は20%という調査結果があります。 アメリカでの論文ですので、日本ではもう少し低い結果になる可能性があります。   根っこの治療に再発が多いのはこう言ったところに原因があるのかもしれません。 &nb...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7