花沢歯科・矯正歯科

ブログ

BLOG

フロス(糸ようじ)について④

院長の花沢です。 フロスについての話の続きです。 前回フロスと歯ブラシの順序について述べさせていただきました。 その中でフロスを先に行った場合の利点として、 歯間部に対する歯ブラシの清掃効果を効率的に発揮できること、 歯磨剤、トゥースペーストなどに含まれる薬用成分が 歯間部に行き渡りやすいということに触れました。   その部分について少し詳しく記載しておきます。 2017年にJOURNA...

続きを読む

フロス(糸ようじ)について③

院長の花沢です。 前回から少し開きましたが、フロスの話の続きになります。 本日はフロスと歯ブラシの順序について考えてみたいと思います。 フロスでのお掃除には ・歯ブラシの届かない歯と歯が接しているところを磨く ・歯の横の面を磨く ・歯と歯の間に挟まった食べ物をとる などの目的があり、 歯ブラシではそれ以外の大部分を掃除することができます。   皆様はどちらを先におこないますでしょうか? ...

続きを読む

フロス(糸ようじ)について②

院長の花沢です。 皆様フロスはどれくらいの頻度で使っていますか。 1週間に何回くらい必要?または1日何回使えばいいのでしょうか?   使う人や、指導する衛生士さん、歯医者さんによって 考え方やお伝えすることは違っていることと思います。   参考に私が患者様にお伝えしているのは、 毎日のフロス使用が必要なのではないかということと、 歯ブラシの度に毎回使えればベターということです。...

続きを読む

フロス(糸ようじ)について①

院長の花沢です。 前回からかなり間隔を開けてしまいました。 新たにフロス(糸ようじ)をテーマにスタートしていきたいと思います。   皆様はフロス使っていますか?   歯ブラシだけで十分なのではと思われる方もいらっしゃるかもしれません。 確かに歯ブラシで歯の全周をくまなく磨くことができる場合は必要ないと思います。 多くの歯が抜けてしまって歯と歯の間に隙間がある場合や もともとすき...

続きを読む

春らしく٭❀*

こんにちは!受付の林です☆ (さらに…) ...

続きを読む

歯周病を治す[11] 奥歯の歯周病は危険?

院長の花沢です。   奥歯は歯周病になった場合と、前歯が歯周病になった場合。 どちらが危険でしょうか? 前歯が歯周病になった場合、まず歯茎が痩せて隙間が広くみえることがあります。 また歯茎が退縮して歯が長く見えたりします。さらに万が一歯周病が重度になり 歯が抜け落ちたり、抜かざるを得なくなった場合。 顔貌が大きく変わってしまいます。 奥歯は見た目にはあまり影響を与えないかもしれませんが、...

続きを読む

子供の矯正治療③〜先天性欠如〜

こんにちは、副院長の花沢綾子です。 今年は暖冬と言われていますが本当に暖かくて車移動の日はコートを着ない日も… 昨年1月末に出産した第二子も無事1歳を迎えました☺️ 乳歯もどんどん生えてきていますが…どうやら1本欠如している様子…これ以上先天性欠如がないことを祈ります。 (早くレントゲンを撮ってみたい,,,ウズウズ…😫) 乳歯や永久歯...

続きを読む

⁑歯周病予防にお勧めのうがい薬⁑

こんにちは、歯科衛生士の関野です 寒い日が続いておりますが、皆様体調はいかがでしょうか? 新型ウイルスの予防法でも取り上げられてますが、基本は ・手洗い ・うがい この二つを正しい方法で行うことが重要だといわれております。 連日の報道を見て不安に思われてる方がたくさんいらっしゃると思いますが、 今一度基本の手洗い、うがいの確認をしてみましょう。   話は変わりまして、本日はお勧めのうがい...

続きを読む

1 2 3 4 5 13